HBでヨーグルト(2)明治ブルガリアヨーグルトを種にした結果

スポンサーリンク


ホームベーカリーでヨーグルト作り。

前回の小岩井ヨーグルトでは思ったような仕上がりに作れませんでした。種になるヨーグルトを変えたら美味しくつくれるでしょうか?

HBでヨーグルト(1)小岩井生乳100%ヨーグルトを種にした結果
使っているホームベーカリーはエムケー「ふっくらパン屋さんHBK-152」、この機種はヨーグルト発酵メニューが標準装備されています。 ヨーグルト発酵機能があるホームベーカリー「HBK-152」は、市販のヨーグルト・カスピ海ヨーグ...

次に種として使ってみたのは明治ブルガリアヨーグルト。少し酸味があって市販の状態でもわりと固めです。

まずはレシピブック通りの分量・付属の発酵カップを使い、HBで作ってみました。

スポンサーリンク

明治ブルガリアヨーグルトを種にしてHBで作ったヨーグルトは大成功!

明治ブルガリアヨーグルトを種にした1回目のヨーグルトが完成しました。

参考基本の作り方は、前回のヨーグルト作りの時に詳しく書いてあります。

【ヨーグルト作り基本データ】

  • 牛乳200mlに対して、明治ブルガリアヨーグルト20g
  • HBのヨーグルトメニュー「15」(発酵8時間)
  • 温度設定は「高温」

見た目は、固まっています。容器を揺らしても大丈夫、底までしっかり固まっているようです。

冷蔵庫で冷やしてから、食べてみました。

味も本物そっくり!明治ブルガリアヨーグルトを種にしたHBヨーグルトの味

冷蔵庫で冷やしてから、スプーンで出来具合をチェック。

上の部分は乳清が少し出ていますが、その下の部分は程よい固さのヨーグルトになっていました♪

上半分には「つぶつぶ」したヨーグルトが混じっていて、下半分は滑らかヨーグルト。

少し取りだして味見をしてみると、味は種にした明治ブルガリアヨーグルトそっくり!

これは大成功です!

この味と状態なら2回目も作れそう。

種継ぎ用に20gを取り分けておきました。

朝食にHBヨーグルト♪フルーツやジャムと一緒に美味しく食べました

朝食に、HBヨーグルトを食べてみました。

種にした明治ブルガリア同様に固まっているから普段通りにフルーツやヨーグルトを乗せて朝食に出しました。家族には何のヨーグルトか内緒で。

舌触りに少し「つぶつぶ感」を少し感じるものの、味は本物そっくり。少し酸味があるあの味です。

この日は、バナナ・ドライプルーン・ブルーベリージャムのトッピング。

とっても美味しい♪

市販のヨーグルトを作ってこのレベルに完成するなら、文句なしです。

家族はHBで作ったヨーグルトだとは気付きませんでした、大成功!

ただし、種にしたヨーグルトは違うためカスピ海ヨーグルトとはまた違う食感。滑らか感はカスピ海ヨーグルトの方が断然上です。でも、カスピ海ヨーグルトにはない美味しい酸味がこのヨーグルトにはあります。

※少し気になった「つぶつぶ」は量を多くして作ってみたら少なくなり、滑らかな部分が増えました。

HBで出来たブルガリアヨーグルトを「種つぎ」、次のヨーグルトも美味しく作れた

1回目のヨーグルト完成時に取り分けておいた「種ヨーグルト」を使って次のヨーグルトを作ってみました。

ヨーグルトの「種つぎ」がHBでもできるなら、とっても経済的!

私の使っているMK「ふっくらパン屋さんHBK-152」はこの種ヨーグルトから次のヨーグルトを作ることができます。

市販のヨーグルト・カスピ海ヨーグルト・ケフィアヨーグルトの3種類どれでも種継ぎが可能です。

※付属説明書には「種つぎは2回ぐらいを目安にしてください。回数が進むと発酵の力が弱まりヨーグルトができにくくなります」と書かれています。

HBで作ったブルガリアヨーグルトを種にして作った2回目のヨーグルトはどんなできばえでしょうか?

上の写真が2回目のヨーグルト完成後です。

2回目も大成功♪

味も1回目同様に酸味があるあのブルガリアヨーグルトの味のままです。

2回目で少し違うと感じたのは、気になっていた「つぶつぶ」状の部分。1回目より2回目の方がつぶつぶ分量が減っています。

理由はよく分かりません。

もしかして、2回目のヨーグルトはHBに適した状態の菌が元気に残っているためでしょうか?

つぶつぶ感は発酵過多なのかな?とかいろいろ疑問が残るものの、HBでの「種つぎ」はとても簡単!

まとめ

今まで作っていたカスピ海ヨーグルトは衛生面から一定期間(※推奨は季節ごと)で種菌を新しく購入して1から作り直す必要がありました。でも、市販のヨーグルトで美味しく作れるなら管理する必要がなくとてもラクに感じました。

参考メインブログでカスピ海ヨーグルト作りについて詳しく書いてあります

作りたい時に市販のヨーグルトを買って食べ、一部をHBで種つぎすれば牛乳を買うだけ。かなりコストダウンしますね。

もちろん元になる種菌が違うため、同じ牛乳から作っても味は全然違います。

私の使っているMK「HBK-152」で明治ブルガリアヨーグルトが美味しく作れる事が分かり安心しました(←初回の小岩井ヨーグルトを種して失敗し少し不安だったから)

必ず8時間後にヨーグルトが固まっている、という点も時間管理ができて良い点です。

種つぎも成功し、次はもっと量を多く作ってみたくなりました。

量を多く作る方法を次にご紹介します。

▼関連記事▼